丹後リズム新体操クラブ

(14年前に感じたことに間違いはなかった(2008年投稿)

整体的新体操(2008年4月28日過去の投稿です)

カラダのバランスは大切!!
一般の人はもちろんのこと、スポーツ愛好家、スポーツ競技者に
とっても とても大切なことだと思います。
整体院と新体操教室 !!!
【二兎追うものは一兎も得ず 】 と 
整体院を運営しながら、もう一度新体操クラブに関わる時
周りの人からよく言われました。
でも どうしょうもなかった状況でした。
恩師への気持ち  
新体操をしたくて待っている子供達!!
できるとか。できないとか。考えていると  
しんどくて決断がつかなくて・・・・
で踏み出しました。
だから  
「何がしてあげられるか」  
それだけを考えていこうと思いました。
今 1年4ヶ月たって少し気持ちを整理することができました。
なんとなく私にもできることが見えてきたように思えます。
2008年1月、近畿の新体操指導者研修に行ったとき、
中央から海外でも練習してきた指導者がこられました。
 研修の中で<肩関節の柔らかくする仕方> なども指導内容に入っていました
子供達も肩が凝っているんだと・・・・・・
新体操はカラダの柔軟性をすごく要求されるスポーツです
人体学的な限界まで
どんなスポーツも根底には基礎となるのはカラダのバランスや柔軟性、
そしてカラダの使い方は大変重要なんだ! 
ということをとても実感した1日でした。
競技の世界でも上にいけばいくほど各選手
そのカラダのメンテナンスはしっかり行われています。
そして今、カラダを作っていく段階の成長期の子ども達には
とても大切なことを私にも教えられると思いました。
以前 Sun里でしている 【左右のバランスチェック】を
新体操クラブの小学校3年~中学生までの18人にしたことがあります

18人中5人くらいは アンバランスが見られました。
中には左右の体重差が5キロから8キロある子が3人
子どもだからそんなに差のあるアンバランスな子はいないだろうと思っていましたが
結果にびっくり!!
そして納得!!
 その3人は同じ新体操の練習をしていても腰痛や膝痛のトラブルを抱えていました。
これから選手としてやっていくも健康な大人・女性に成長していくのにもこれらの状態を改善していかなければ  なりません。
特に競技者として やっていくためにはアンバランスなカラダは致命的です
そして 柔軟でしなやかでバランスのよい筋肉によって整ったカラダの軸の大切さ
身体能力を高める基礎を作れば、土台がよければ いくらでも可能性は広がっていきます
子たち達はいろいろ気づかせてくれます
整体も新体操もカラダに意識を使います
2つのバラバラな道じゃなかったんだ!!  
つながった一つの広い道だったんだ!!
そう思えると 少し気持ちが楽になりました
人生無駄なことは一つもないと思えました

関連記事

最近の記事

  1. カラダは、何でも知っている

  2. 京都 京丹後 Sun里の整体師のセルフメンテナンス

  3. 京都 京丹後 整体師の秋空ツインポール® (野外フィットネス)