パーソナルレッスン

京丹後 パーソナルレッスン -リズムトレーニング-

パーソナルレッスンは、一人一人の楽しいを探す

病気で神経回路がダメージを受けた人や
怪我でダメージを受けた人、
まだ未発達の子ども、
年齢を重ねて機能が低下していく人

みんな同じように神経回路への伝達を刺激していく必要があります。

新体操の指導者講習で受けた指導プログラムのリズム運動
リズムに合わせてジャンプをすること
プラスで手を左右、上下、手拍子などでリズムを取りながら動かすこと
リズム感だけでなく
集中力や運動機能も高めることができる

パーキンソンと言う病
脳の中央あたりに「中脳」が存在しており、中脳には、神経細胞群があります。
この神経細胞が少なくなると、脳を活性化するために必要な「ドパミン」という神経伝達物質が脳内で不足し、パーキンソン病の運動症状が生じると考えられています。(medical noteより)

運動症状の中に、関節の動きが少なく、動作が遅くなるなどがある。
訓練時
音を聞き、リズムを捉え、体を動かす、など同時に複数の動作をするため、脳を刺激する効果も期待できる。
歩行が少しスムーズになる

大切なのはリズムの刺激で神経回路が活性化するのか?

だからといって同じプログラムで同じ運動をするのではなく
その方々のバックグラウンドや
好きなこと
やりたいと思うことに合わせてその運動をつくっていくこと。

それが運動指導者として大切なことだと思っています。

これはキレキレのダンスではありませんが
音楽に合わせて手を上右左前右左横右左下右左
それを左右変えたりしながら単純なことですが
とっさに頭から指令をし音楽に合わせて動きます。

シナプソロジーでは、
脳の神経回路は当たり前の動きじゃない
もやもやっとうまくいかなかったことが刺激になっていくと勉強しました。

うまくいかなくても機能向上のエクササイズになり
楽しく
もちろん筋肉は温まり
有酸素運動になっていきます。

そんな、誰にでも楽しく体動かすことができて、いろんな刺激を得られるエクササイズをプログラムしていくのが楽しいです。

関連記事

最近の記事

  1. カラダは、何でも知っている

  2. 京都 京丹後 Sun里の整体師のセルフメンテナンス

  3. 京都 京丹後 整体師の秋空ツインポール® (野外フィットネス)